NEWS

NEWSヴィアティン・マニア

120分激闘の先に…。天皇杯3回戦 vs V・ファーレン長崎《速報版》

2019年08月15日 

第99回天皇杯3回戦 試合結果

写真と動画ハイライトで振り返る天皇杯3回戦

ヴィアティン三重の天皇杯3回戦、J2のV・ファーレン長崎との対戦。前半に二点先制されるも、前半のうちに追いつく。後半は終始ヴィアティンペースで試合を進めるも決定機に決められず延長に突入。120分の激闘を闘い抜いてPK戦に…。

PK戦の末4-5で敗れ、ヴィアティン三重の天皇杯が終わりを告げた。

三重から駆けつけてくれたヴィアティンサポーター!

試合前の上野監督、ピッチを歩きながら何を思う。

いざ闘いの時、選手入場!

ヴィアティンペースで始まった立ち上がり

21分・29分に相手右サイドからの攻撃で連続失点

失点後、積極的なプレーで勢いを取り戻す。

43分に塩谷、前半ATに平信のゴールで追いつく!

ヴィアティンペースの後半、しかし追加点奪えず

後半は完全に主導権を握り、何度も相手ゴールに迫る。

守備では人数をかけて執拗なプレッシャー、自由にさせない

ヘディングで競り勝ち、ポストプレーで役割を果たす途中出場の藤牧

後半終了間際、枠に飛んだ藤牧の決定的なループシュートはギリギリのところで相手GKに掻き出される!

死闘を繰り広げた延長前後半、そしてPKへ。

猛烈なブーイングの中、冷静に決めた一人目の藤牧

すべてを託された守護神・加藤大喜

惜しくもシュートを阻止された3人目のキッカー平信

そしてV長崎の5人目が決めて試合終了…。

すべてを出し尽くした選手たち、そしてサポーター

最後に長崎サポーターからの温かい拍手を頂きました!素晴らしい試合をありがとうございました!

以上、速報版をお伝えしました!