NEWS

NEWSトップチーム

【マッチレポート】JFL第6節 VS Honda FC

2017年04月30日 

【マッチレポート・インタビュー VS Honda FC】

 

昨年のJFL王者「Honda FC」を上野運動公園競技場に迎え強風の中、行われた第6節は、1-2で敗れ悔しいホーム初黒星となった。

 

公式戦で連敗中のヴィアティン三重は3連敗を阻止すべく、立ち上がりから相手のパス回しやポゼッションに対して、しっかりとした対応を見せる。攻撃においても安定した守備からカウンターを狙う形がはっきりしており、良い流れで試合が進む。

前半11分、左コーナーキックからのボールを藤牧祥吾で合わせるが、相手GKにクリアされる。そのクリアボールを加藤秀典が頭で合わせて先制点を奪う。その後も2点目をあげるチャンスが訪れたが、そのチャンスを活かすことができず、徐々に相手に勢いが出始める。30分にPKを与えてしまい、1-1とされ同点のまま前半を終える。

 

後半開始早々の52分に高田祥生がこの日2枚目のイエローカードで退場。数的不利な状況になり、相手チームにボールを持たれ守備に追われる時間帯が多くなってしまう。それでもしっかりと守り、相手に追加点を許さないまま試合が流れたが、85分にFKからの流れから失点を許してしまい逆転されてしまう。その後もカウンターでチャンスを作ろうとしたがゴールを割ることができず、そのまま試合終了を迎え、ホーム初黒星になった。

 

 

監督 海津英志

相手チームは一人一人がしっかりしていて、個人の力は相手のほうがずっと上だなと感じました。守備に時間がかかることはわかっていたが、最初にすぐ得点できたものの、やはり得点チャンスの時に2点目が取れなかった点も残念でした。

退場者が出てしまい、チャンスのために頑張って最後まで守っていたが、持ちこたえることができませんでした。個人でのボールを持つ能力がJFLの中でも足りないが為にボールを失う場面が多すぎた。

 

 

DF20 稲森睦

積極的にボールを取りに行くことや、退きすぎて苦しい展開になることは予想していましたが、結果としてそのままずるずると最後まで行ってしまった感じでした。奪ったボールを簡単に奪われカウンターというシーンが多かったと思います。こういった展開になると、自分たちの首を絞めることになるので、奪ったボールのサポート早くするなど、そういった部分を改善していきたいです。

 

-凱旋試合でしたが-

昔お世話になった方々も見に来てくれたのでとてもうれしく思いました。だからこそ勝ちたいという思いは強く、悔しさも倍でした。出身校の小学生たちも応援に来てくれていて、次回の上野での試合も応援に来てくれると約束してくれたので、次こそは勝つところを見せたいと思います。

 

 

DF3 加藤秀典

ホームゲームであったし、なかなか上野でプレーできる機会は少ないので、そういった点からも勝ち点3を取りたかったです。開幕してからの数試合において、前半はうまく得点につながっていますが、後半の立ち上がりや危険な時間帯と言われているところで踏ん張ることができていなかったり、自ら失点したりすることが多いのでその点をしっかり修正して、次節に臨みたいと思います。