NEWS

アーカイブ

NEWSヴィアティン・マニア

JFL第7節・高知ユナイテッドSC戦 試合後コメント

2022年05月12日 

 

第24回JFL第7節・試合結果

高知ユナイテッドSC 1-1 ヴィアティン三重
(前半0-0:後半1-1)

  • 82分:⑨赤星魁麻・高知ユナイテッドSC
  • 90+4分:⑩田村翔太・ヴィアティン三重

 

 

 

ヴィアティン三重・樋口監督 試合後コメント

 

樋口監督・試合総括:本当にもったいない試合、その一言です。振り返ってみると3点ぐらい獲って勝たなければならない試合でした。先日の三重県選手権決勝、鈴鹿ポイントゲッターズさんとの試合でも同様でしたが、良い形を作っても得点にならないというところ、それが今日も出てしまった。ただ、今日は攻めながら、ボールも動かしながら「そのうちなんとかなるだろう」という雰囲気が出ていた。

最後の1点獲った場面のように、あれだけの迫力で全てのチャンスに飛び込めたのか?あれを前半からやらなければならない。そういう場面での意識を高めないと「惜しかったね」で終わらせてしまう、そういう面を見るとまだまだ勝負どころを押さえられない、決めきれない、まだまだ甘い。本当にもったいない試合だったと言えます。

 

VTM:おっしゃられたような決めきれない場面の直後、そこからのカウンターやサイドチェンジをされて危ない場面を迎えるところがいくつかありましたが、失点シーンも含めてどのように感じられましたか?

樋口監督:スカウティングの段階で相手の特徴がカウンターとセカンドボールというのがはハッキリしていたので、そこへの意識はあったのですが、カウンターの場面は僕らが攻めきれなかった時にちょっとした判断の迷い・判断の遅れからくるネガティブなパスをしてしまって失ってしまう、そういう時は危なかった、ピンチになる場面はある意味予想通りでした。そういうところも含めて、僕らがやられるとすれば自分たちのミスからしかないだろうと想定していました。だからこそあの時間帯に、あのような形で失点してはいけない、僕らが前半でゴールを奪って、前半でゲームを決めきるぐらいの力を出さなくてはならないと感じました。

 

 

VTM:スタートから全体の動きが重かったようですが、それはハードな日程から来るものでしょうか?

樋口監督:そうですね、日程と移動からくる疲労感はあったと思います。前回の試合から中二日、そして合計6時間ほどかかって移動してきたのでそこは想定通りでした。最初の5〜10分は恐らく重いだろうと。選手たちには最初は相手陣内でプレーするようにしていこうと、でもやはりアクションがほとんどなかったですね。従ってボールがなかなか動かない状況が続きました。そのあとはひと汗かいて身体が動くようになってきていたので、繰り返しになりますが前半で決めるべき試合だったと思います。

VTM:鈴鹿戦、高知戦と続けてチャンスに決めきれない試合が続きましたが、決定機に決めきるという課題を具体的に改善する方法はあるのでしょうか?

樋口監督:チャンスを作る形はとても良くて、その回数も増えてきました。それを決めるか決めないかというのはサッカーにつきものなんです。しかしながら先ほども言ったとおり、最後に得点した時のように形なんてものは何でも良くて、ゴール前に対して人が迫力を持って入っていけるか?それがひとりではなくて、何人もが入っていく気迫を持てているか?そういったゴールを奪うことに対する迫力・気迫、それを出しきれるかどうかです。それを終盤で追い込まれている状況だからやるのではなく、早い時間から、90分通してやっていく必要があります。

 

 

VTM:チーム全体の状況は非常に良くなってきていると感じます、そこは次に繋がりそうですね。

樋口監督:そうですね、先日の鈴鹿戦に関してはある意味で今シーズン一番良くボールを動かせましたし、攻守両面で良いところがたくさん出せました。それもあって今日のスタメンは⑤テツ(菅野選手)以外は全員鈴鹿戦と同じメンバーで行きました。それは鈴鹿戦で良い試合運びができたという成功体験をもって勢いを付けていこうという狙いでした。全力で行ってへばってきたら交代していこう、そう考えてのメンバー構成でした。もったいない試合にはなりましたが、今日のメンバーで先日と同じように良い形をたくさん作ることができたのは良かった部分だと言えます。

あぁ!もったいない!!!!(ロッカーに引き上げていく樋口監督)

 

キャプテン谷奥選手 試合後コメント

 

VTM:惜しい場面が多かっただけにもったいない試合となりました、試合を振り返ってみてください。

谷奥選手:…。

VTM:全体を簡単に語るのは難しいと思うので、内容・結果を踏まえてどんなゲームでしたか?

谷奥選手:勝たなければならないゲームでした。

VTM:チャンスを何度も迎えながら決められなかった部分に関してはプレーしていてストレスに感じていましたか?

谷奥選手:そこに対してのストレスはなかったです。相手のやり方はわかっていたので…(それなのに失点してしまったのが…という表情)。この前の鈴鹿戦で120分走りきった選手が多かったにも関わらず、みんな出足から頑張ってやれていたので…(気持ちと言葉を整理する谷奥選手)。

 

 

VTM:試合全体を振り返るのは一旦やめて、谷奥選手個人としてはコンディション、プレーの出来、それらを含めてどういうゲームでしたか?

谷奥選手:めちゃくちゃ不甲斐なかったです。自分自身にとても腹が立っている、それが今の気持ちです。

VTM:その理由となる具体的なプレー、場面をあげられますか?

谷奥選手:失点したので…。失点は全て自分の責任だと思っています。失点さえしなければ最後に点を獲ってくれて、1-0で勝つことができたわけなので、平日にわざわざ高知まで来てくれたサポーターの皆さんが良い気分で帰ってもらうことができたのに…。とにかく自分に腹が立っています。

 

 

VTM:チームとしては鈴鹿戦から引き続きのメンバーで良いプレーが出せていたり、この2試合で良いところは出せたと思います。5/15のFC大阪戦が延期になることもあって少し時間が取れるので、身体を休めつつさらにチーム力を高める準備ができそうですが。

谷奥選手:FC大阪戦の延期は仕方ないことですが、休んでいる時間はないと思っています。(少し考える谷奥選手)キャプテンとして、ひとりの選手として、こういうゲームで勝ちに導けないと自分がここに居る意味はないと思っています。少し時間がありますが、休むというよりこれまでのゲームを一度しっかりと振り返って、自分自身がどうなのか?それを考えます。自分が今のままでは昇格できないと思うので、違う人間になって次の練習に臨みます。

 

GK①森建太選手 試合後コメント

 

VTM:なんとも惜しいゲームでしたね。

森建太選手:そうですね…攻撃はチャンスを作れているので、そこで仕留めること。前半のアメ(㉗雨宮選手)のところや何度もあったセットプレー、そこで仕留めきれないのがここ3試合続いてて…。開幕からの三連勝は点が獲れて守備も安定していたから勝てていたと思うので…。でも決められなくても後ろが我慢しつづけなくてはダメで、あの一本だけだったのでそこをもっと後ろから発信しなければならないと感じたゲームでした。

VTM:守備に関して、ところどころのポイントでちょっとした危ない場面はありますが、全体を見ると安定してきたように感じます。どう感じていますか?

森選手:全員で守ろうという意識を強く持っているので、誰かがミスしてもカバーするという意識、信頼関係が築けて来ていると思います。

 

 

VTM:ゴールキーパーのポジションについてはひとりが出続けているわけではなく、森選手・加藤選手で守ってきていますが、そこについてのモチベーションやふたりの関係性はどんな状況でしょうか?

森選手:㉑大喜だけじゃなく⑫透も含めて、僕にはないものをふたりは持っていますし、そこで三人で切磋琢磨しながらやれているのはとても良い雰囲気・環境でやれていると思います。ひとつしかないポジションなので、もちろん負けられない気持ちはありますし、出番を勝ち取った時にはそれぞれが責任感をもってゴールマウスに立って闘うことを意識しています。

 

 

VTM:しかし、良いゲームが出来ているだけに苦しいですね…。あれだけチャンスがあるわけなので点獲りたいですね(GKに言う言葉じゃない…汗)

森選手:いやー…、クリーンシートしたいです。

VTM:失点シーン、綺麗に決められましたね。あれはクロスを上げられた時点でやられた感じはありましたよね。

森選手:そうですね、今日は縦を切って中に行かせるというやり方だったのですが、あそこの場面に関しては中を切って外に行かせて上げさせないようにしたかった。相手の9番はヘディングがとても強かったので、DFの寄せ方も難しかった、そして身体を預けながらワンタッチで決められてしまった…。

ホズ!あの一本だな。(近くでクールダウン中の③穂積選手に声をかける。うなづく穂積選手)

あの一本もですけど、その前のバックパスからの危ないシーン、あれは本当に良くなかった。あぁいうプレーで相手に流れを渡してしまうので絶対にダメです。立ち上がりから身体が重かったせいからか、今日は後ろ方向へのパスが多かったのも良くなかったと思います。次に向けてしっかり準備します。

 

 

2022 JFL第8節 FC大阪戦 開催中止のお知らせ

  • 第24回 日本フットボールリーグ 第8節
  • 試合日程:2022年5月15日(日)※開催中止
  • 対戦相手:FC大阪
  • 試合会場:アサスタ
  • 代替日程;決定次第お知らせ致します。