NEWS

NEWSトップチーム

【ご報告】「JFAグリーンプロジェクト ポット苗方式芝生化モデル事業」の開催に関しまして

2020年06月23日 

JFAグリーンプロジェクト ポット苗方式芝生化モデル事業

6月20日(土)~21日(日)にかけ、東員町スポーツ公園陸上競技場(朝日ガスエナジー東員スタジアム)内の多目的広場にて、グラウンド一面に広がる芝生を、JFAからご提供いただいた小さなポット苗を植え付けから実現する、「JFAグリーンプロジェクト ポット苗方式芝生化モデル事業」を開催いたしました。

 

【JFAグリーンプロジェクト 概要はこちら】

http://www.jfa.jp/social_action_programme/green_project/

 

本来であれば地域の皆様や子どもたち、サポーターの皆様と一緒になっての作業を考えておりましたが、コロナ禍による密集・密接を避けるため、ヴィアティン三重の関係者(サッカートップ:選手・スタッフ、レディース:選手・スタッフ、ジュニアユース・アカデミー:スタッフ)にて、約29,000株のポット苗の植え付けを行いました。

 

本プロジェクトにご協力いただいた皆様

・東員町の皆様

・株式会社フローラ 様

(代表取締役  川瀬 善業 様)

→ 土壌改良剤、植物活力剤HB-101の無償提供をいただきました。

・株式会社日本グリーン

(代表取締役  三浦 彰太 様)

→ 土壌改良剤攪拌作業、移植事前準備ならびに指導をしていただきました。

 

実施の様子

 

9月頃には緑一面の芝生のグラウンドに生まれ変わる予定です。

たくさんの子どもたちや地域の方々がスポーツを楽しめる環境、新たなコミュニティの場が生まれるよう、養生・育成について管理してまいります。