NEWS

NEWSニュース

【試合結果】東海女子サッカーリーグ1部 常葉大学附属橘高校戦

2019年12月01日 

【東海女子サッカーリーグ1部 試合結果】

12月1日(日)、東海女子サッカーリーグ1部第9節 常葉大学附属橘高校戦が行われました。

 

ヴィアティン三重レディース 2-0 常葉大学附属橘高校

(前半 0-0、後半2-0)

得点者:森文乃、市川苑佳

期待の新戦力、アンドゥハル・テッサ選手がFWで今期初スタメン。CBには西野有香選手を起用して高さと後方からのチャンスメイクを図ります。さらに前線に並べたテッサ選手・市川苑佳選手・竹中里奈選手の走力のある3人の後ろには森文乃選手をいつもよりやや前の位置で起用、前線での時間を作り出そうという狙いを持って臨みました。

※写真提供:サポーター様

東員の厳しい風も鳴りを潜め、暑いくらいの日差しの中 良好なコンディションで迎えた前半戦。両チームとも互いの狙いをけん制しつつ、細かい繋ぎからサイドやDFラインの裏へボールを入れるチャンスを伺います。前半早々に橘高校がサイドからのクロスでGK切畑琴乃選手と1vs1になる場面を作り出すも、シュートは間一髪枠の上へ。東海第1代表として全日本高校女子選手権を控える自慢の攻撃力を見せつけます。

 

対するヴィアティンは前線で起用されたテッサ選手がボールを収めると共に自慢の走力を活かし、相手を自陣へ押し込む場面が増えてきます。シンプルに縦へ抜け出し、抜け出した市川選手・森選手があと一歩で押し込めたのに、、、という場面も頻出。坂崎奏選手のFKに竹中選手がヘッドで合わせた場面はクロスバーを叩き、両者拮抗しながらも徐々にヴィアティンにゴールの匂いが漂ってきます。

※写真提供:サポーター様

歓喜の瞬間は59分、左サイドを抜け出したテッサ選手が粘り、こぼれ球を体制を崩しながらも市川選手がクロス。合わせたのは逆サイドから走り込んだ森選手! 待望の先制点を得意のヘッドでもたらします。

直後の64分、またもテッサ選手からサイドの竹中選手に展開し、中央へ。フリーになっていた市川選手が合わせ、2-0として橘高校を突き放します。

※写真提供:サポーター様

その後は選手交代のカードを次々と切り、辻晶穂選手・西村結選手・福本純子選手がピッチへ。最終盤まで運動量を落とすことなく走り切り、クリーンシートで試合を終えることができたヴィアティン三重レディース。スタンドに訪れたサポーターの皆さんと共に、ホームで久々の勝利のラインダンスを踊ることができました!

対戦相手の常葉大学附属橘高校の皆様、そして本日も大勢駆けつけて応援してくださったサポーターの皆様、ありがとうございました。今シーズン残り1試合となりましたが、良い流れを継続しチーム一丸となって勝利を目指します。応援よろしくお願いいたします!

※写真提供:サポーター様

また、今日の試合ではボールパーソンと設営でヴィアティン三重レディースユースの選手が協力してくれました。ユースの選手たちも午前中に県リーグの試合を終えたばかりでしたが、元気に試合を運営してくれました。ありがとう! ヴィアティン三重レディースユースにも応援よろしくお願いいたします。

PARTNER