NEWSニュース

2020-21シーズンスローガン発表!

2020年08月23日 

【スローガンに込めた思い】
2020年3月 初めてのV2でのシーズン。最終戦、最後の三重開催でのサオリーナ大会はまさに断腸の思いで中止を受け止めました。
あれから半年。世界を取り巻く環境は好転するどころか、希望の見えない状況が続いています。
世界中で批判と憎悪が渦巻き、経済への大きな打撃と共に、失業者数も増加の一途を辿っております。

このような状況下におけるスポーツの価値とは何なのか?
過去経験したような経済の急速な悪化時とは違い、今回私たちのおかれる状況は観戦さえ許されるのかわからない状態。そして触れ合う事や、言葉を交わす事さえ簡単には実現できない現実にあります。
今まで当たり前にしてきた事が、全て壊れていき、どこまで壊れるのかさえわかりません。
私たちはスポーツの価値。について真剣に考え、導き出そうと議論しました。
何ができて、何ができないのか?やろうとする事がことごとく中止となる中、論理的なスポーツの価値を表現する言葉を私たちから奪いました。

しかし、思いがけず答えは議論の外から落ちてきました。

行き詰まり、練習に顔をだし選手たちを見ていると、何故か「こんな所で座っていてはいけない。自分の役目はここで座って見ていることでは無い。」そう背中を押されます。
バレーボールに限らず、全てのスポーツの持つ力は人々を座り込んだその場から再び立ち上がる為に心を奮い立たせる力がある。そう実感した瞬間でした。

そこから生まれたのが、今シーズンのスローガンです。
今年は資金的にも非常に苦しい1年となります。例年デザイナーさんに依頼をするスローガンのデザインも今年は自身で作りました。見栄えはしなくとも、手作りのスローガンでも伝わる行動を見せよう。
そう考えたからです。

私たちは、全ての選手・スタッフが一つとなり、戦います。
ですから私たちを応援してくださる皆様も、皆様それぞれの戦いを戦ってください。
今までの当たり前が壊れたなら、新しい当たり前を私たちと一緒に作りましょう。
世の中が暗い話題に包まれる中だからこそ、立ち上がる為の力でありたい。その思いでこの1年を戦い抜きます。

2020-21シーズンも皆様の応援と声援に支えられ、励みとし頑張ります。
そして皆様にも、私たちを、選手たちのプレーで皆様が立ち上がる為の力をお返しできるよう、精一杯をお見せします。
新しいシーズンも何卒よろしくお願いいたします。

2020年8月23日 株式会社ヴィアティン三重ファミリークラブ 取締役アリーナ事業部長 椎葉誠

 

PARTNER

三重県バレーボール協会 株式会社三交不動産 コスモ石油 近畿日本ツーリスト 三十三ファイナンシャルグループ 正和製菓 株式会社 イトジュ (有)タカツノ運輸 有限会社シンセイフーズ リフォックス 桑名電気産業 エビスフード フォースガーデン 学校法人みえ大橋学園 株式会社大津屋 株式会社エルテックス 多度グリーンファーム 株式会社アクト CAFFE BONINI 株式会社中勢ゴム 三重リコピー株式会社 日本旅行 津市 四日市市 三交ホーム プレイズ 三交ウェルフェア ANQ ラッツ 株式会社ロンピック ALST KOUGAST スマイルスタジオ マッシュルーム タクミスタジオ 木曽岬メガソーラー株式会社 川越自動車学校 三重交通グループ ラールデザイン 株式会社安全 新日本工業株式会社 愛知株式会社 竹中設備 赤福 夢菓子工房ことよ ICDAホールディングス ARROWS  大橋モータース 合同会社かにのいえ Aquick LLC 亀山スポーツ ナガノスポーツ店 タツミ産業 打田塗装工業 スポーツショップホリエ 社会福祉法人永甲会 一般社団法人中部ケータリングサービス 車久米穀店 くさなぎデザイン 暁商店 富士オフィスアンドライフサービス株式会社 渡辺石油店