■ヴィアティン三重ランニングクラブは、総合型スポーツクラブveertien(ヴィアティン)が運営する、4歳以上を対象とした陸上クラブです
コーチ

川浦 日出美
-Hidemi Kawaura-(かわうらひでみ)

中高教員免許(保健体育)
健康運動指導士
中医整体師
スクエアステップ指導者
介護予防運動指導員
ヘルパー 二級


陸上競技は、中学の頃から始め多種目の競技を行う。
高校で専門的に円盤投げ競技を行い中京大学に進学。現在は、整体師の資格を取得し、スポーツインストラクターとして様々な場所で運動指導やケアを行っている。

中学3年 
三重県大会 円盤投げ 2位

高校3年 
インターハイ三重大会 円盤投げ 優勝|砲丸投げ 3位
インターハイ東海大会 円盤投げ 優勝|砲丸投げ 5位
インターハイ全国大会 円盤投げ 2位 
長野国体 円盤投げ 優勝

大学1年~3年
東海インカレ 円盤投げ 3年連勝
全日本インカレ 円盤投げ 5位

マスターズ陸上競技 
円盤投げ 9年連続優勝(40歳~48歳)
円盤投げ 49歳 2位
◎円盤投げ 44歳時 マスターズ日本記録樹立

鈴鹿市立神戸中学就任中 砲丸投げ全国大会出場  
鈴鹿市立平田野中学校  砲丸投げ全国大会出場 

*遊びの中から習得する基本動作
*子どもの発達や特性に応じた運動指導
*ほめて伸ばす

歩く、走る、跳ぶ、投げるという運動の基本動作が、遊びを通じて習得できるようにしたいと思っています。異学年が集まる環境では、どうしても低学年と高学年での差というのはできてしまいます。その成長の過程を十分考慮した運動指導を個々や集団で行うことで、運動能力の向上とともに、仲間としての連帯感育成などを目指します。

コーチ挨拶

4月からヴィアティン三重ランニングクラブのコーチに就任させていただくことになりました 川浦日出美と申します。 中学時代は、競技を特化せず、短距離走、跳躍、中距離走、長距離走、投てき、リレーと多種目の競技を行っていました。 投てき競技専門になったキッカケは、中学三年の三重県大会で、リレーを走った直後に円盤競技へ出場したら、思いもよらず30Mを超えて2位入賞を果たしたからです。


トレーニングを進める中で、自分自身が思ってもいなかったような選手の特性も見つけ出し、伸ばしていきたいと思います。 私自身、現役の円盤投げの選手であり、これからもトレーニングを続け、ランニングクラブの皆さんと一緒に競技会へも出場したいと思っていますので、よろしくおい願いします。 一人ひとりの目標実現に向かって共に頑張っていきましょう。