NEWS

【プレスリリース】ヴィアティンFC Jリーグ準加盟申請へ

【ヴィアティンFC Jリーグ準加盟申請へ】

三重県桑名市からJリーグ入りを目指すヴィアティンFC(代表者 後藤大介)はJリーグ準加盟申請を6月末までに行うことを決定しました。県サッカー協会や自治体からの支援文書など必要書類は既に整ったため近日中に正式に申請書類を提出します。2014年よりスタートするJ3参入を目指し、地域の皆さまから応援して頂ける社会的責任のある組織を構築して参ります。

 

◆背景

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は2014年に10または12チームでJ3をスタートすると発表。それに伴い、ヴィアティンFCとしても以前より具体的に準備を始め、各関係団体からも正式に支援協力頂けることが決定。現在は三重県2部リーグながらプロ契約選手8名(三重県出身のJリーグ経験者6名、その他2名)、S級ライセンス監督、下部組織(ジュニアユース、ジュニア、女子、シニア)等の準加盟条件を満たしていることもあり申請することを決断。今後更に管理スタッフを充実させて組織強化、チーム力強化を進め、街のシンボルとなるようなプロクラブチームを目指していきます。