三重県から初のJリーグクラブを目指して

私たちヴィアティン三重は、「子ども達を笑顔に」という理念を掲げ、日本の将来を担っている子ども達に夢と感動を与え、いつも笑顔で健やかに育っていって欲しいという想いを持ちながら活動をしています。

子ども達の教育のためには、サッカーという1つの種目だけではなく総合型クラブとして目的に応じて色々な種目を、色々な世代の方たちが楽しめる環境を作り出すこと。
この事が一番重要なことであると考えています。

サッカー選手になりたいと思っている子どもたちでも、幼児期はやはり野球や体操や陸上、そして文化的な教室など色々な経験を積み重ねることで、考え方に幅が広がるだけでなく、様々な運動を行なうことで身体のバランスが整い、その結果として怪我がしにくい身体づくりにも繋がっていきます。今の大人たちが子どもの時代は、山や川などの外遊びがたくさんあり遊びの中で自然と子ども達は色々な経験が出来ていました。現在はそのような環境は減ってきているため誰かが作り上げなければ環境は変わっていきません。

その多世代が集まる総合型クラブには、子ども達だけでなく、両親や祖母も楽しめるスポーツや文化的な教室があれば家族三世代のコミュニケーションが取れる居場所になります。
今の子ども達は自分の部屋に閉じこもり、インターネットやゲームに夢中になり、家族との触れ合いが希薄になっています。これは学力低下にも繋がる危険性もあり社会問題にもなってきています。そのような問題を解決するためにヴィアティンとしては大家族のような、子どもたちの居場所作りを進めていきたいと考えています。法人名のファミリークラブにもそのような想いが込められています。

子ども達を笑顔にしたい。幸せにしたい。夢を持って欲しい。
そして何より、子ども達に地元「三重県」を好きになって欲しい。

魅力ある三重県にしていくために、総合型クラブと同時に、街のシンボルとなるプロサッカーチームを作る、つまりJリーグ入り目指していきます。
街にシンボルが存在することは、それだけで多くの人達を元気にします。子ども達は夢を持ち、そして街は1つになります。そのきっかけになるようなシンボルチームを我々ヴィアティンはつくります。

プロクラブを作るためには、時間もお金もかかりますし、人も必要ですので計画通りにいかないこともあるかもしれません。ただ、ヴィアティンはプロサッカーチームを作ることだけが目的ではなく、「子ども達を笑顔に出来る居場所作り」が一番の目的であると考えています。たとえアマチュアのチームであっても、クラブとして地域の皆さまから必要とされる、そのようなクラブで有りたいと思います。

東海地域では、唯一三重県だけがJリーグチームが無い状態が続いています。ここ三重県において、全国に名の轟くプロクラブを作り上げ、地域の皆さまと共に大きな夢を追いかけていく決意です。

皆さまの熱いご支援の程宜しくお願い致します。

2014年12月8日
   株式会社ヴィアティン三重ファミリークラブ
代表取締役 後藤大介

Jリーグまでの道のり

選手集めから始まった2012年。一歩ずつ地域と共に。

全くのゼロから始まった2012年、三重県3部からスタートし毎年1つずつ昇格を果たしてきました。
6年目となる今年2017年は、東海から卒業し全国リーグ(JFL)となります。
選手とフロント、そして地域の皆さまと共に闘ってまいります。
ヴィアティン三重ファンクラブ
213社(2017年08月時点)
ヴィアティン三重ファンクラブ