沿革
2011年 8月 後藤大介代表と山下則之ゼネラルマネージャーが名古屋で出会い、
ヴィアティン設立の準備を始める。
9月 オランダのサッカー・スポーツ環境を視察。
フェイエノールト、オランダサッカー協会など訪問。
12月 アイザック・ドール(名古屋グランパスやフランスクラブチーム等でコーチ等で活躍)
をテクニカルディレクターとして迎える。
2012年 1月 ヴィアティンFC設立。
設立イベント「森山泰行さんとサッカーを楽しもう!」開催。
海津英志(三重県サッカー協会技術委員長・三重県国体監督など歴任)を
ダイレクターとして迎える。
ドランチャーニュ・オビデュー(名古屋グランパスのユース監督等で活躍)を
トップチーム監督として迎える。
2月 ジュニアサッカースクール入会説明会実施。
3月 トップチーム入団説明会を実施し、地元三重県の選手30名が入団する。
4月 ジュニアサッカースクール開校(朝日G校、アイリスパーク校)
トップチームが始動し、三重県3部リーグに参戦をする。
ジュニアユースU-15 始動
レディース(女子)始動
5月 トップチーム初戦
7月 車の魅力を子どもたちに伝えるためにレーシングクラブを開校し、
ヴィッツレースに参戦を始める。
ジュニアスクール桑名校開校
9月 元五輪選手の池田久美子さんの指導によるランニングクラブを開校する。
室内練習場・クラブハウス完成
12月 トップチーム 入替昇格戦に勝利し、県2部リーグへの昇格を決める。
Jリーグトライアウトを視察
2013年 1月 FMよっかいち76.8Mzにて応援コーナー「GO TO VEERTIEN !!」スタート
2月 専用グラウンド人工芝工事完了
Jリーグ経験者3名と契約締結し、初めてのプロ契約選手が入団をする。
北村知隆選手(元横浜FC・元モンテディオ山形)
加藤秀典選手(元サガン鳥栖・元ガイナーレ鳥取)
飛弾暁選手(元川崎フロンターレ・元ベガルタ仙台)
3月 三重テレビ放送にて応援コーナー「GO J ! ヴィアティン」がスタート
4月 Jリーグ経験者1名とプロ契約。
和波智広選手(元コンサドーレ札幌)
三重県社会人サッカー選手権準優勝。
全国社会人東海大会出場決定・三重県選手権(天皇杯予選)出場決定。
シニアチーム始動
ダンススクール開校
5月 Jリーグ経験者2名とプロ契約。
水原大樹選手(元名古屋グランパスエイト・元横浜FC・元東京ヴェルディ)
坂井将吾選手(元モンテディオ山形)
ジュニアユースU-15
日本クラブユース選手権三重県大会優勝
6月 チーム名称をヴィアティンFCから「ヴィアティン桑名」に変更
Jリーグ準加盟申請(運営法人等の理由により不受理)
7月 新しい運営法人となる(株)ヴィアティン桑名ファミリークラブ設立
8月 川淵三郎氏(公益財団法人日本サッカー協会キャプテン)をお招きし
特別講演会『夢があるから強くなる』を開催。
9月 発足後初めてのトップチームセレクションを開催
ヴィアティン桑名シニアが始動
10月 フリーマガジンVEERTIEN創刊
足専門の研究所「ヴィアティンスポーツ医科学研究所」を設立
傷害予防の「ヴィアティンスポーツメディカルセンター」及び
診断治療の「めいせい整骨院」も同時に開院
11月 ヴィアティン応援自販機スタート
12月 初の公式サポーターズクラブ「オレンジ会」発足
四日市ファンクラブ事務局を設置
2014年 1月 ヴィアティンベースボールクラブを開校
オビデュ監督退任
北村知隆選手、水原大樹選手 契約満了
2月 ドグラス選手入団(元モンテディオ山形)
海津英志ダイレクターがトップチーム監督に就任
津ファンクラブ事務局を設置
3月 チアリーダーチームDeliciousと業務提携
4月 ユース発足
ヴィアティン三重ハンドボールクラブ(MHC)が発足
リンタロウ選手入団(元柏レイソル、元FC琉球)
三重県社会人選手権準優勝
5月 (株)トライルと業務提携し、ヴィアティン体育教室を開校
6月 三重県選手権優勝し、初の天皇杯代表に
7月 天皇杯初戦 京都産業大学2-1勝利
2回戦 セレッソ大阪(J1)と対戦し、延長戦の末2-4で惜敗
9月 2つめの公式サポーターズクラブ UNITED FRONTが発足。
ヴィアティン・バレトン教室が開講。
10月 桑名市に新サッカー場(人工芝)がオープン
マッチデイプログラムを公式戦にて配布開始
長崎国体2014にトップチーム選手が参加(5名)
11月 複数の種目を楽しめる地域イベント「第2回ヴィアティンバイキング」開催。
12月 東海リーグ昇格戦を2連勝し、東海2部リーグへの昇格決定
チーム名称を「ヴィアティン三重」に変更
ガイナーレ鳥取より藤牧祥吾選手が入団
2015年 2月 ヴィアティン三重後援会が発足
NPO法人ヴィアティンスポーツクラブ設立
3月 鈴鹿マガジンとコラボレーション契約締結
クワナビMYが応援記事の掲載
4月 三重県社会人選手権 準優勝
5月 東海2部リーグが開幕。初めてのホームゲームを開催。
スタジアムDJに川道良明氏が就任。
桑名市役所前に応援懸垂幕を設置
WEBマガジン(14MAG)が開始
6月 コカコーライーストジャパン様とオフィシャルドリンクサプライヤー契約締結
FM三重で応援番組「バモス!ヴィアティン三重」がスタート
7月 夏期限定のヴィアティン・ビアガーデンがオープン
8月 東急ハンズ桑名店でヴィアティン三重グッズショップが夏期限定オープン
10月 東海2部リーグ優勝
全国社会人選手権1回戦敗退
2016年 1月 ヴィアティン三重バレーボールが発足しVリーグ入りを目指す
2月 鈴木英敬三重県知事が後援会名誉会長に就任。
四日市市長、桑名市長、亀山市長、いなべ市長、木曽岬町長、菰野町長、朝日町長、川越町長が後援会の名誉顧問に就任。
明治安田生命四日市支社様がオフィシャルクラブスポンサーに
FANTAGROUP「約束の場所」がクラブ公式応援ソングに
バランスボール教室が開講
奈良クラブより稲森睦選手が入団
松江シティより田中優毅選手が入団
SP京都より岩崎晃也選手が入団
4月 スタジアム建設署名活動を開始
5月 東海1部リーグ開幕
ホームゲームにてMs.OOJA ミニライブを実施
吉本興業の三重県住みます芸人「カツラギ」が応援隊長就任
7月 全国社会人東海大会を突破し、昨年に引き続き本大会出場決定
8月 Suzuka Voice FMにて応援番組「大好き!ヴィアティン!」がスタート
ラッキータウンテレビで応援番組「ビンビンヴィアティン」がスタート
10月 ガールズバンドChelsyによる公式応援ソング「Orange」発表
いわて国体へFC ISE-SHIMAと混合チームにて参加
全国社会人選手権にて3位となり、地域CL出場決定
11月 地域CLにて準優勝し、JFL昇格権利を獲得
CTYにて応援番組「We are Veertien」がスタート
12月 JFL正式加入が決定
2017年 1月 鈴鹿アンリミテッドFCより北野純也選手が入団
鈴鹿アンリミテッドFCより野口遼太選手が入団
松本山雅FCより道上隼人選手が入団
ヴィアティン三重ファンクラブ
187社(2017年02月時点)
ヴィアティン三重ファンクラブ